キャメルの終活日記

男性シニアのリタイアライフブログです。

☆公園でディズられた話☆

こんばんは、キャメルです。

 

今日は、夕方の公園での出来事です。

 

いつものようにわんこを連れて夕方の散歩へ出発!

 

毎回散歩がてら公園を3か所まわるんですね。

 

ひとつはアスファルトの上ばかり歩かせるのはかわいそう。

土の上も少し歩かせたいって親心。

 

もうひとつの目的はトレーニング!

 

 

いつのころからか公園に老人用のトレーニング機材が設置してありますよね。

 

お目当てはぶら下がり用の鉄棒

 

名前なんてったけかな? 「ぶらぶら」? まあいいや!

 

f:id:camel_syuukatu:20210528094517j:plain

 

公園に入ったら、近くに若者が数人たむろしてだべってた(話してた)。

 

一人は見た顔です。

 

そ~だ そこの調剤薬局の事務のおね~ちゃんだ!

 

週末だからみんなで飲みにでも行くのかなあ?

 

な~んて思いながら、ぶら下がり棒のところへ。

 

わんこを横のポールにつないで、運動具に登ります。

 

ぶら下がったところで、ふっと周りの空気が変わった。

 

 

 

背後のあの若者たちの会話のトーンが明らかに変わったんですね。

 

少し小声になって、さもバカにするような話し方・・・

 

     悪口言う時って面白いよね。

     はっきりわかるように言うとけんかになる。

     聞こえないように話すとディズってる相手に伝わらない。

     だから、相手が聞き取れるかどうかの微妙な声量で・・・

 

「あのおじさん・・・ぶら下がって・・・ダサ~い・・・」みたいな感じ。

 

お相手がくすくす・・・

 

 

はは~ん! 俺の事言ってるんだ!

 

 

背骨伸ばすのに30秒ほどぶら下がってから、懸垂開始!

 

アドレナリン出てたんでしょうねえ(笑)

 

いつもより楽にできました。

 

10回 ゆっくり、丁寧に、可動域を一杯に使って・・・

 

 

始めた途端、若者たちの会話がピタッとやんだ。

 

 

ぶら下がり棒から飛び降り、

わんこのリードをもってまわれ右!

 

若者たちの目の前をとおりながら、

 

さっきの声の主の女の子の目を見ながらニタ~って笑ってやった。

 

「お若いの! 懸垂もできないの?」って感じ(笑)

 

 (まあ、おれも一年前にやっと出来るようになったんだけどね テヘ)

 

笑顔の意味!理解してくれたんだろうね。

 

こっちを見てる若者たちの何とも言えない表情が印象的でした。

 

 

脊髄反射しちゃった俺も俺だけど、なんかめんどくさいなあ・・

 

 

下とみなすとディズる!(若いだけだろう!?)

 

上とみると腹を立てる!(その前に努力しろよ!)

 

 

普段の何気ない散歩で、こんな人間ドラマがありました。

 

 

それではまた・・・🐪